Home >

平成23年度 シーケンス制御セミナー
「シーケンス制御セミナー」開催報告

平成23年度「シーケンス制御セミナー」を実施いたしました。

開催概要

主催: 熊本県社会・システムITコンソーシアム(ES-KUMAMOTO)

日程: 平成24年 1月31日(火)、2月1日(水)、2月2日(木)

会場: 熊本ソフトウエア株式会社 3F 301研修室

講師: 福岡FATEC(FAテクニカルセンター) 西野 孝典(にしの たかのり)様

講座内容

~ 三菱シーケンサ(QCPU)を使用した実習講座~

■対 象: Windows操作経験のある生産技術、製造部門の技術者

生産工場の設備や機械の自動化・省力化・無人化に対し、あらゆる制御技術が適用されています。 なかでもシーケンス制御は最も基本的な技術であり、重要な役割を担っています。シーケンス技術の 歴史は古く50年前には実用化が確立され普及してきましたが、工学的理論の体系が遅れていて 「現場の実学」と言われています。シーケンスの原点は有接点リレーですがプログラマブルコント ローラの普及によりPCプログラムでのシーケンスロジックの学習が必要不可欠になっています。 本セミナーは、実際にシーケンサを使用し原理よりも活用に重点を置いたセミナーです。


[第1日目]1月31日(火曜日)

1.シーケンサの基礎 (MELSEC-Qユニット構成、外部入出力信号と入出力番号など)
2.GX Developerの操作 (画面構成、プロジュクト、立上げ手順、回路作成、回路修正など)
3.シーケンサのデバイスとパラメータ (デバイスの種類、PC・ネットワークパラメータ、リモートパスワード)
4.シーケンス命令と基本命令その1 (命令の種類、タイマの計測、カウンタの計測など)
5.プログラム実習 (演習問題LD~NOP、SET,RST、PLS,PLF、CJ,CALL,RET,FEND)


[第2日目]2月1日(水曜日)

6.基本命令その2 (転送命令、比較演算命令、四則演算命令、インデックスレジスタ・ファイルレジスタ、
タイマ,カウンタ設定値の外部設定と現在値の外部表示)
7.プログラム実習 (演習問題MOV、BIN,BCD変換、FMOV、比較命令、+,-、など)


[第3日目]2月2日(木曜日)

8.QCPUの各種機能の使い方 (時計機能、テスト機能、RUN中書込み、コメント作成など)
9.インテリジェント機能ユニットの使用方法 (GX Configuratorによる交信方法、Q64AD、Q62DAユニットなど)
10.ロジックテスト機能(GX Simulator)の操作 (デバイス状態のモニタ・テスト、I/Oシステム設定機能など)
11. 保全 (故障原因の傾向、日常・定期点検、出力リレーの寿命、予備品など)


問合せ先

熊本県社会・システムITコンソーシアム事務局

(一般社団法人熊本県工業連合会内)  担当: 諫山

TEL 096-285-8131 / FAX 096-214-2030 / E-mail info@es-kumamoto.jp


▲ページ先頭に戻る

トップページに戻る